第20回ニパフ・アジア・パフォーマンス・アート連続展2017のお知らせ

7月 23rd, 2017

17NIPAFAチラシ

 

インド、ネパール、バングラデシュ、ミャンマー、インドネシア、中国から6カ国8名の芸術家がやってくる。
貴重な海外アーティストのパフォーマンス作品を見ることができる国際フェスティバルです。全公演、演目が違います。2日通し券もあります。是非お見逃しなく!

◉2017年 大阪公演

8月5日(土)公演 開演 19:00〜
8月6日(日)公演 開演 16:00〜
※開場は共に30分前です。

場所:
「劇団伽羅倶梨KARAKURIスタジオ」
(〒556-0027 大阪市浪速区木津川2-1-16、JR大正駅、地下鉄大正駅3番出口から大浪通り沿い大浪橋途中右、TEL:06-6568-2646)

大阪公演チケット
学生前売2,400円(当日2,700円)
一般前売2,700円(当日3,000円)
高校生2,000円(当日のみ)
[お得な2日通し券]
学生2日券 4,500円
一般2日券5,000円

ご予約のご連絡をお知り合いのアーティスト、またはこのスレッドにご連絡いただきましたら、前売りチケット(当日精算券)をお取り置きいたします。

出演者を書いておきますね。
[8月5日(土)]
カウシャル・クマール・ソンカリヤ(インド)
カイン・スー(ミャンマー)
ティア・ユーン(中国)
ソマントリ・エントリ(インドネシア)
霜田誠二
犬飼美也妃
正田ユミ子
諸見里太志

[8月6日(日)]
ムナ・バーデル(ネパール)
ワン・ヤンシン(中国)
オクティ・ブディアティ(インドネシア)
倉田めば
松田博幸
木村文香
下郡知子
金昇志

◉通訳付きのすごく面白いアーティストーク
8月4日(金) 18:30〜21:00
「大阪市立中央会館」1階第1会議室
(大阪市中央区島之内2丁目12-31、地下鉄堺筋線長堀橋駅徒歩7分)
会費:学生1,800円、一般2,000円。(当日+200円)

Facebookのイベントページはこちら
https://www.facebook.com/events/316699072089568/?acontext=%7B%22action_history%22%3A[%7B%22surface%22%3A%22dashboard%22%2C%22mechanism%22%3A%22calendar_tab_event%22%2C%22extra_data%22%3A%22%7B%5C%22dashboard_filter%5C%22%3A%5C%22upcoming%5C%22%7D%22%7D]%2C%22ref%22%3A2%2C%22source%22%3A2%7D

17NIPAFA2

=============
他県の公演のお知らせ
=============

他、東京公演、長野公演、信州セミナー等もあります
詳細は下記の通り

第20回ニパフ・アジア・パフォーマンス・アート連続展2017
東京 − 大阪 — 信州セミナー — 長野

根本は、路地!根本は、アジア!

◆日 程
◯東 京:8月1日(火), 2日(水), 3日(木) 開演午後7時(開場30分前)
「3331 Arts Chiyoda」地階B104
(〒101-0021東京都千代田区外神田6丁目11-14. 地下鉄銀座線「末広町駅」4番出口1分、TEL:03-6803-2441)
◯大 阪:8月5日(土), 6日(日) 5日開演午後7時、6日開演午後4時(開場30分前)
「劇団伽羅倶梨KARAKURIスタジオ」
(〒556-0027 大阪市浪速区木津川2-1-16、JR大正駅、地下鉄大正駅3番出口から大浪通り沿い大浪橋途中右、TEL:06-6568-2646)
◯ニパフ信州セミナー;8月7日(月) 午後5時〜8月9日(水) 昼まで
詳細下記
◯長 野:8月9日(木) 開演午後6時(開場30分前)
「もんぜんプラザぷら座BOX1」
(〒380-0835 長野市新田町1485-1、JR「長野駅」下車中央通りと昭和通り交差点西、TEL026-219-0020)

*出演者は毎日異なります。毎日6−10名の出演。各10〜20分の作品。計2時間程度。途中入退場可。開場は開演30分前です。

[付帯イベント]
◆アーティスト・トーク:アジア・アーティストが各国の状況を語る。すごく面白い!随時通訳付き。
[東京]7月31日(月)午後6時半〜午後9時、「3331 Arts Chiyoda」2階会議室
(東京都千代田区外神田6丁目11-14. 地下鉄銀座線「末広町駅」4番出口1分)
会費:学生1,800円、一般2,000円。(当日+200円)
[大阪]8月4日(金)午後6時半〜午後9時、「大阪市立中央会館」1階第1会議室
(大阪市中央区島之内2丁目12-31、地下鉄堺筋線長堀橋駅徒歩7分)
会費:学生1,800円、一般2,000円。(当日+200円)
野外パフォーマンス:自然の中のパフォーマンス。
[長野]8月8日(水)午後随時:飯綱高原カシヨ山荘一帯。有料(学生2,000円、一般2,500円)

◆出演アーティスト
[アジア]全カ所出演
1カウシャル・ソンカリヤ(インド・デリー、男)
2カイン・スー(ミャンマー・ヤンゴン、女)
3ムナ・バーデル(ネパール・カトマンズ、女)
4王彦ワン・ヤンシン(中国・成都、男)
5希ティア・ユーン(中国・上海、女)
6オクティ・ブディアティ(インドネシア・ジャカルタ、女)
7ソマントリ・エントリ(インドネシア・バンドン、男)

[日本](出演地)
1霜田誠二(全カ所)、2倉田めば(東京、大阪)、3松田博幸(東京、大阪)、4木村文香(東京、大阪)、5北山聖子(東京、長野)、6小林春菜(東京、長野)、7黒田オサム(東京)、8厳振涛イェン・チェンタオ(東京)、9近藤太郎(東京)、10梅本尚弥(東京)、11靳彤キントウ(東京)、12正田ユミ子(大阪)、13犬飼美也妃(大阪)、14諸見里太志(大阪)、15下郡知子(大阪)、16金昇志(大阪)

◆入場チケット
学生前売2,400円(当日2,700円)、一般前売2,700円(当日3,000円)、高校生2,000円(当日のみ)
[東京]学生3日券7,000円 一般3日券7,800円 [大阪]学生2日券4,500円 一般2日券5,000円

◆主 催;日本国際パフォーマンス・アート・フェスティバル(ニパフ)実行委員会(代表:霜田誠二)
•    共 催;東京NIPAF、大阪NIPAF、長野NIPAF
◆協 力;プラットフォーム・アジア・パフォーマンス・アート日本委員会(PAPA-JAPAN)、3331 Arts Chiyoda、劇団伽羅倶梨、大阪Freedom
◆問合せ・予約;090-1652-9127 または E-mail:nipaf@avis.ne.jp

[ニパフ現代パフォーマンス・アート信州サマー・セミナー17受講生募集]
アジア・アーティスト8名と過ごす二泊三日。濃密な時間の中で、アートが見えて来る。

◆日 時;8月7日(月)午後12時JR信越線長野駅集合後、市内観光、セミナー会場移動〜8月9日(木)昼まで。2泊3日。部分受講可。
◆会 場;長野市飯綱高原「カシヨ飯綱山荘」TEL 026-239-2956(会期中のみ)
◆講 師;上記アジア芸術家、国内芸術家有志(英語を中心として部分通訳も付きます)
◆内 容;アーティスト・トーク、野外パフォーマンス。
◆受講料;学生15,000円、一般18,000円。他に食費・宿泊費一泊2,500円×2日=5,000円、及びセミナー会場までの交通費片道約1,000円。
•    問合せ、受講申込;TEL 090-1652-9127、 E-mail:nipaf@avis.ne.jp
•    備考:JR長野駅までは、JR新幹線の他に、新宿、池袋、名古屋、京都、大阪等から各種高速バスも運行しています。

カテゴリー: 犬飼美也妃 | コメントはまだありません

ジュエルっ子物語 という絵本について

6月 1st, 2016

web018_love

実は、絵本を描きました。
誰もがみんな一度は感じるような、思春期の、苛立ち、焦燥感、アイデンティティの喪失、
などの、モヤモヤ感の中、主人公のアキは、性別を持たないタクに出会います。

ご自身の体験の元に、セクシャルマイノリティ分野のカウンセリングをしていた濱田アキさんの言葉に、私が絵を描きました。
びっくりなことなので、もう一度言います。
「犬飼美也妃が絵を描きました!」超レア!!!(美大卒なのに!笑)

絵本を出版したいのですが、膨大なお金がかかるので、
私たちは、原画展という形で、この物語が必要な人に、会いに行くというプロジェクトを始めます。

2016年の初めにやった第1回では、ひっそりと、こっそりと、
タクと同じ問題を抱えた人や、アキと同じ問題を抱えた人、そのご家族などが、
見に来てくださり、また、単純に、私の知り合いだからといって見に来てくださった人が、自分の中の「そんな時期」を思い出して、話していってくださったり、とても温かくて柔らかい、優しい時間を、来場者と一緒に、作り出すことができました。
朗読とパフォーマンスアートのライブイベントでは、その後のアフタートークにて、
当事者と、支援者の、温かく柔らかい交流が持て、
「こうしてほしい」「何かしてあげたい」「理解したい」「理解とかじゃない繋がり方」など、とても、興味深い話ができました。
ていうか、単純に、楽しい時間が過ごせました。

そんな活動を、少しづつ続けていきたいと思う気持ちと、来てほしいという要望が
徐々に膨らんできました。が、
何せ、私たちには、資金が足りません。
どうか、ご支援ください。

ということで、
クラウドファンディング、いよいよスタートしました☆
必要な人に届くために、このプロジェクトを始めます。
ご興味があったら、とりあえず、ページを見ていただくだけでも、
想いが伝われば幸いです。
私たちは、出会いを大切にこの活動を進めてきました。
想いを読んでいただけるだけでも、嬉しいです。

そして、無事プロジェクトが達成し、環境が整ったら、是非、あなたの街に、呼んでください。

FAAVO ふるさとクラウドファンディング「ジュエルっ子プロジェクト」
https://faavo.jp/shiga/project/1222

カテゴリー: 犬飼美也妃 | コメントはまだありません

21stNIPAF’16 出演のお知らせ

2月 23rd, 2016

第21回日本国際パフォーマンスアートフェスティバル2016 に出演します。
犬飼美也妃の出演日は、

東京:3331 Arts Chiyoda
2月29日(月)19:00〜

大阪:市民交流センター ひがしよどがわ
3月5日(土)19:00〜

12697310_984948258251625_7539411729642637809_o

「私たちは皆間違えを犯す詩人である」
ニパフ’16日本国際パフォーマンス・アート・フェスティバル

ウルグアイ、ウクライナ、ケベック、ベトナム、ネパール、インドからアーティストがやってくる。パフォーマンス・アートの国際的な祭典!これが私たちの自由の形!

*会場ボランティア募集中!
現代アート・国際交流・英会話に興味のある方(話せなくてもOK) 学生/一般経験不問。希望者は、志望動機とともに連絡ください。

✴️前売り予約、ボランティア希望とも
nipaf@avis.ne.jp  090-1652-9127

*ニパフ’16 公式チラシ/アーティスト出演日
http://goo.gl/0vyv3f

The 21st Nippon International Performance Art Festival 2016
21st NIPAF’16 Tokyo – Osaka – Mountain Seminar – Nagano
第21回日本国際パフォーマンス・アート・フェスティバル(ニパフ’16)
ニパフ’16東京—大阪—信州セミナー—長野
私たちは皆間違えを犯す詩人である。
◆日 程
◯東 京:2月29日(月), 3月1日(火), 2日(水) 開演午後7時
「3331 Arts Chiyoda」
(千代田区外神田6丁目11-14、地下鉄銀座線「末広町駅」4番出口1分)
◯大 阪:3月4日(金), 5日(土), 6日(日) 開演午後7時、6日のみ午後4時開演
「市民交流センターひがしよどがわ」4階
(東淀川区西淡路1-4-18、地下鉄御堂筋線・JR「新大阪」東口を出て 徒歩10分、必ずJR東口を出てください)」
◯ニパフ信州セミナー:3月7日(月)午後5時〜9日(水)昼まで
詳細下記
◯長 野:3月9日(水) 開演午後6時半
「南千歳町公民館」
(長野市権堂2344、JR「長野駅」下車3分、ポッポ公園隣)
*出演者は各地毎日異なります。毎日6−12名の出演。各10〜20分の作品。計2時間程度。途中入退場可。開場は開演30分前です。
[付帯イベント]
◆アーティスト・トーク:海外アーティストが各国の状況を語る。随時通訳付き。
[東京]2月28日(日) 午後2時〜午後4時、「Arts Chiyoda 3331」2F会議室
会費:学生予約1,500円、一般予約2,000円。当日+200円。
[大阪]3月3日(木) 午後6時〜8時、「市民交流センターひがしよどがわ」303号室
会費:学生予約1,500円、一般予約2,000円。当日+200円。
◆野外パフォーマンス:自然の中のパフォーマンス。
[長野]3月8日(火) 午後随時、飯綱高原カシヨ山荘一帯。
◆出演アーティスト
[海外]全カ所出演
1クレメンテ・パディン(ウルグアイ・モンテビデオ、男
2ジェイムス・パティク(カナダ・ケベック、男)
3ボロディミル・トピー(ウクライナ・リビウ、男)
4グエン・トゥイティエン(ベトナム・ホーチミン、女)
5スンダル・ラマ(ネパール・カトマンズ、男)
6ガザーラ・パービーン(インド・デリー、女)
6カミーニ・チャウダリー(インド・デリー、女)
[日本](出演地)
1霜田誠二(全カ所)、2濱田明李(全カ所)、3杉野晋平(全カ所)、4厳振涛(全カ所)、5黒田オサム(東京・大阪)、6倉田めば(東京・大阪)、7犬飼美也妃(東京・大阪)、8松田博幸(東京・大阪)、9k.a.n.a(東京)、10鎌田寛子(東京)、11小林春菜(東京)、12正田ユミ子(大阪)、13諸見里太志(大阪)14下郡知子(大阪)、15蒲英里子(長野)
◆入場チケット
学生前売2,400円(当日2,700円)、一般前売2,700円(当日3,000円)、高校生1,800円(当日のみ)
[東京・大阪]学生3日券6,500円 一般3日券7,500円
◆主 催;日本国際パフォーマンス・アート・フェスティバル(ニパフ)実行委員会(代表:霜田誠二)
◆共 催;東京NIPAF、大阪NIPAF、長野NIPAF
◆協 力;3331 Arts Chiyoda、大阪Freedom
◆ 助 成;日本芸術文化振興会
◆問合せ・予約;090-1652-9127 または E-mail:nipaf@avis.ne.jp
[ニパフ現代パフォーマンス・アート信州セミナー’16受講生募集]
ニパフ海外アーティスト達と過ごす二泊三日。濃密な時間で真実のアートが見えて来る。
◆日 時;3月7日(月)午後5時JR信越線長野駅集合後にセミナー会場移動〜3月9日(木)昼まで。2泊3日。部分受講可。
◆会 場;長野市飯綱高原「カシヨ飯綱山荘」TEL 026-239-2956(会期中のみ)
◆講 師;上記海外芸術家、国内芸術家有志(英語を中心として随時通訳も付きます)
◆内 容;アーティスト・トーク、野外パフォーマンス。
◆受講料;学生12,000円、一般15,000円。他に宿泊・食費費一泊3,000円×2日=6,000円、及び長野駅からセミナー会場までの交通費片道1,000円。
問合せ、受講申込;TEL 090-1652-9127、 E-mail:nipaf@avis.ne.jp Facebook:
備考:JR長野駅までは、新宿、池袋、名古屋、京都、大阪等から高速バスが安くて便利です。

12710894_984948358251615_6962050951365353448_o

Facebookページ(Facebookに登録していなくても見れます)
https://www.facebook.com/NIPAF16/?fref=ts

Facebookイベント(Facebookに登録していなくても見れます)
東京公演
https://www.facebook.com/events/165078617202255/
大阪公演
https://www.facebook.com/events/1558297011153757/

カテゴリー: 犬飼美也妃 | コメントはまだありません

絵本ジュエルっ子物語 原画展

2月 8th, 2016

直前になってしまいましたが、お知らせです。
明日から、草津で絵本のために描いた絵の原画展をします。
そして、13日土曜日には、原作者の濱田さんによる絵本の朗読と、
私のパフォーマンスをします。

ジュエルっ子チラシ完

~~~~~~~
濱田アキのお話に犬飼美也妃が絵をつけて完成した、
絵本『ジュエルっ子物語』の絵本原画展。

日時:2016年2月9日(火)10:00~
13日(土)16:30 までの4日間。
※11日(祝・木)はお休みです
場所:出会いのひろば
滋賀県草津市草津二丁目5番15号

出会いのひろば

===========================
◎絵本の朗読とパフォーマンスアート
13日(土)14:00~
『ジュエルっ子物語』朗読/濱田アキ
『私だけのここちよさの考察』パフォーマンス/犬飼美也妃
お茶とお菓子のアフタートーク付き
料金:投げ銭
===========================

最終日の13日は、14:00から、濱田アキによる「ジュエルッ子物語」の朗読。犬飼美也妃によるパフォーマンスアートの公演を行います。その後に少しお茶を飲みながら、アフタートークの場を持ちたいと思います。

「性別」というものに答えを持たないジュエルっ子との出会いが主人公に思わぬ変化をもたらします。
絵本・ジュエルっ子物語は、トランスジェンダーや同性愛がテーマでしょうか?いいえ。もう一歩心に踏み込んだ、深くもシンプルな物語なのです。
性別の問題だけにとらわれず、何か違和感を感じていたり、自分と社会のズレを感じている人、また、愛を模索している人、いろんな人に、いろんな形で響く物語になればいいなと思って活動しています。

<<<<紹介>>>>

◎お話を書いた人
濱田アキ(はまだあき)
産業カウンセラー
キャリアコンサルティング2級技能士
2008年、カナダ・ブリティッシュコロンビア州で同性婚をする
その後パートナーの性別変更を経て、2013年、日本でも婚姻届を提出
http://cocorotte.hatenablog.com/

◎絵を描いた人
犬飼美也妃(いぬかいみやき)
武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業
絵画、オブジェ、空間表現、身体表現など
草津市と守山市にて障がい者余暇活動支援の場で
造形あそびの講師
守山市あるてぃにて、油絵、水彩の絵画教室主宰
おてらハプン!の m-fat/モファ事務局メンバー
http://futari1838.com/miyaki/index.html

Facebookジュエルっ子プロジェクトのページ
(フェイスブックに登録していなくても見れるページです)
https://www.facebook.com/jewelkko

カテゴリー: 犬飼美也妃 | コメントはまだありません

18thニパフアジア・パフォーマンスアート連続展2015に出演します。

8月 1st, 2015

毎年恒例となっております。ニパフのパフォーマンスアートのツアーに参加します。
東京公演と、大阪公演で、パフォーマンスします。

東京の出演日は、8月3日(月)19:00〜
大阪の出演日は、8月7日(金)19:00〜

東京では、「したたる」のシリーズというか、
続編というか。やります。

大阪では、トマトのシリーズ。
昨年東京でやった個展「このトマトは私の痛い所を知っている」
をやります。是非、お越し下さい!
詳細は下記に。

18nipaf1

第18回ニパフ・アジア・パフォーマンス・アート連続展2015
〜〜アジアの熱と自由と芸術と〜〜

【チケット】
学生:前売 2,200円(当日+300)
一般:前売 2,500円(当日+300円)
高校生:1,200円(当日のみ)
<<<<東京/お得な3日通し券!>>>
学生3日券6,000円
一般3日券7,000円
<<<<大阪/お得な2日通し券!>>>
学生2日券4200円
一般2日券4800円

このイベントは、
東京、大阪、長野を巡回するパフォーマンスアートの公演です。各アーティスト、会場ごとに毎回違う作品を発表します。大変貴重な機会です。全ての会場をおいかける価値有りです。夏休みを利用して、いかがですか?

==【日 程】===============================
◯東 京:8月3日(月), 4日(火), 5日(水)
開演午後7時(開場30分前)
「3331 Arts Chiyoda」
(千代田区外神田6丁目11-14. 地下鉄銀座線「末広町駅」4番出口1分)

◯大 阪:8月7日(金), 8日(土)
7日:開演午後7時(開場30分前)
8日:開演午後5時(開場30分前)
「大阪府立江之子島文化芸術創造センター」
(大阪市西区江之子島2丁目1番34号、地下鉄千日前線・中央線「阿波座駅」下車、8番出口から西へ約150m)

大阪1日目のイベント詳細ページ

https://www.facebook.com/events/406673499541960/

大阪2日目のイベント詳細ページ

https://www.facebook.com/events/480584845442721/

◯ニパフ信州セミナー:
8月9日(日) 午後5時〜8月11日(火)昼まで
詳細下記

◯長 野:8月11日(火)
開演午後7時(開場30分前)
「ネオン・ホール」
(長野市権堂2344、JR「長野駅」下車大門南交差点東、026-237-2719)

*出演者は毎日異なります。毎日5−12名の出演。各10〜20分の作品。計2時間程度。途中入退場可。開場は開演30分前です。

==【出演アーティスト】=======================

[海外]全カ所出演
1ニルーファル・チャマン(バングラデシュ・チッタゴン、女)
2イシャン・パリヤール(ネパール・カトマンズ、男)
3タイタール(ミャンマー・ヤンゴン、女)
4モダ・ロリーナ(フィリピン・カインタ、女)
5パク・ジュヨン(韓国・ソウル、女)
6ジョー・ビン(中国・成都、男)

[日本](出演地)
1霜田誠二(全カ所)、2諸見里太志(全カ所)、3黒田オサム(東京、大阪)、4倉田めば(東京、大阪)、5犬飼美也妃(東京、大阪)、6松田博幸(東京、大阪)、7菊池和晃(東京、大阪)、8佐藤梓(東京、長野)、9松田朕佳(東京、長野)、10蒲英里子(大阪、長野)、11ゲスト山本伸樹(東京)、12鎌田寛子(東京)、13濱田明李(東京)、14亘敏治(大阪)

【入場チケット】
学生前売2,200円(当日+300円)
一般前売2,500円(当日+300円)
高校生1,200円(当日のみ)

[東京のみ]
学生3日券6,000円
一般3日券7,000円
[大阪のみ]
学生2日券4200円
一般2日券4800円

=========================================
◆主 催;日本国際パフォーマンス・アート・フェスティバル(ニパフ)実行委員会(代表:霜田誠二)
◆共 催;東京NIPAF、関西NIPAF、長野NIPAF
◆協 力;プラットフォーム・アジア・パフォーマンス・アート日本委員会(PAPA-JAPAN)、3331 Arts Chiyoda、ネオン・ホール
◆助 成;日本芸術文化振興会
◆問合せ・予約;
090-1652-9127 または E-mail:nipaf@avis.ne.jp 
◆Face Book:
=========================================

【付帯イベント】

◆アーティスト・トーク
アジア・アーティストが各国の状況を語る
(随時通訳付き)

[東京]8月2日(日)午後5時半〜午後8時半
「喫茶室ルノアール・ニュー秋葉原店マイスペース」
(千代田区外神田1-16-10 ニュー秋葉原センタービル地下1階、03-3251-0210、JR秋葉原駅電気街口出てワシントンホテル方面徒歩1分)
会費:学生1,000円、一般1,200円(+ドリンク代実費)。

[大阪]8月6日(木)午後6時半〜9時
「大阪府立江之子島文化芸術創造センターB106」
会費:学生1,000円、一般1,200円

◆ 野外パフォーマンス:自然の中のパフォーマンス。
[長野]8月10日(水)午後随時
飯綱高原カシヨ山荘一帯
有料(学生2,000円、一般2,500円)

==========

[ニパフ現代パフォーマンス・アート信州サマー・セミナー15受講生募集]

アジア・アーティスト6名と過ごす二泊三日。濃密な時間でアートが見えて来る。

◆日 時;8月9日(日)午後5時JR信越線長野駅集合後セミナー会場移動〜8月11日(火)昼まで。2泊3日。部分受講可。
◆会 場;長野市飯綱高原「カシヨ飯綱山荘」TEL 026-239-2956(会期中のみ)   
◆講 師;上記アジア芸術家、国内芸術家有志(英語を中心として通訳も付きます)
◆内 容;アーティスト・トーク、野外パフォーマンス。
◆受講料;学生8,000円、一般10,000円。他に食費・宿泊費一泊2,500円×2日=5,000円、及びセミナー会場までの交通費片道約1,000円。
◆ 問合せ、受講申込;TEL 090-1652-9127、E-mail:nipaf@avis.ne.jp Facebook:
◆ 備考:JR長野駅までは、新宿、池袋、名古屋、京都、大阪等から各種格安高速バスも運行しています。

18nipaf2

カテゴリー: 未分類 | コメントはまだありません

犬飼美也妃 個展 〜このトマトは私の痛い所を知っている〜

10月 27th, 2014

犬飼美也妃の個展のお知らせをします。

個展DM表

個展DM裏

犬飼美也妃個展 
〜このトマトは私の痛い所を知っている〜

最近のパフォーマンスアート作品の紹介と
現在進行形の痕跡
2014年11月3日(月)〜8日(土)
11:00〜19:00(最終日17:00)
ギャラリーQ(東京/銀座)

☆☆特別ナイト企画!☆☆
パフォーマンス公演
11月7日(金) 19:00〜(1時間程度)
入場料1000円
※ワイン又はソフトドリンク付き
先着30名限定

予約、お問い合わせはギャラリーへ
contact@galleryq.info

Gallary Q
東京都中央区銀座1-14-12 楠本第17ビル3階
Tel&Fax.+81-3-3535-2524

http://www.galleryq.info/

カテゴリー: 未分類 | コメントはまだありません

【お知らせ】パフォーマンスします

5月 20th, 2013

5月24日(金)と25日(土)の夜にパフォーマンスをします。場所は大阪と京都。
フランスで修行して来た成果を観に来て下さい。

“ニパゲン in 大阪&京都”
〜パフォーマンス・アートの現在、ニパフの現在〜

パフォーマンス・アートの国際フェスティバル”NIPAF’13″のプレイベントです。ニパフの活動や世界のパフォーマンス・アートの現在をビデオとトークで紹介したり、実際に関西在住のパフォーマンスアーティストや代表霜田誠二氏がパフォーマンスをおこないます。

【内容】
第1部:ビデオ+トーク「世界のパフォーマンスアート」霜田誠二(ニパフ代表)
第2部:パフォーマンス・アート発表
出演者:霜田誠二、倉田めば、犬飼美也妃、椎奈アキ、社納葉子

【入場料】
一般:1800円(予約1600円)、学生:1500円(予約1300円)

【会場】

大阪公演:5月24日(金)19:00〜21:30
都島区民センター
環状線京橋駅徒歩10分
TEL:06-6352-6100

京都公演:5月25日(土)18:30〜21:00
京都市国際交流会館
地下鉄東西線 蹴上駅下車 徒歩6分
〒606-8536 京都市左京区粟田口鳥居町2番地の1
TEL:075-7533010

主催:ニパフ実行委員会(代表 霜田誠二)

アーティスト達は同じパフォーマンスをするとは限りませんので、2夜連続でも楽しめます。

同時に、ニパフでは大阪での本公演(6月27日〜30日)のボランティアスタッフも募集しています。

内容:
パフォーマンス・アートの国際フェスティバルのお手伝いです。
アーティストはメキシコ、フランス、ポーランド、ハンガリー、インドネシア、
ミャンマー、ネパール、中国、韓国、(一部未定)から来日します。
パフォーマンスアーティストは、現代美術作家であったり、詩人であったり、
様々な背景をもっています。
近頃は、現代美術の分野だけでなく、社会学的な視点で興味を持たれる方も多いです。
アーティストトークでは、各国の現在の時代性をふまえた
アーティスト達の話しが聞けます。
英語が話せなくても、できるポジションはありますので、ご心配なく。
現代美術、英会話、異文化交流、ステージスタッフに興味のある方を募集しています。

ウィッシュリスト(下記のような事がしてみたい人募集!)
*英語または、上記の国の言葉が話せる人(話せなくても可)
*会場設営、アーティストのグッズなどの販売、受付
*本番進行中のステージスタッフ
*アーティストが必要とするアイテムなどの調達
*広報活動、チラシの配布やブログ、FBでの告知

NIPAF’13のFaceBook ページはこちら
https://www.facebook.com/NIPAF13

カテゴリー: お知らせ, 犬飼美也妃 | コメントはまだありません

フランスレポートその3〜外 SOTO in ISBA〜

5月 17th, 2013

今回企画された外プロジェクトは、このISBAで行われた3つの展示と、パフォーマンスアーティストの公演ツアーで構成されています。

学校内の展示会場は3カ所。すべて会期は4月2日から11日まで。
まずは「SOTO SOTO 展」
私を含む6人のパフォーマンスアーティストの映像作品が、ISBA地下展示室にて、展示されました。
出展アーティストは、若木くるみ、野本翔平、野澤健、八木毅、キュンチョメ、犬飼美也妃。
展示会場へのアプローチには、外ツアーの事も書かれています。ツアーはなぜか3人のみ。

日本人の感覚でいくと日本語無い方がカッコイイと思うけど、フランス人からしたら、この日本語がカッコイイのだろうか?

贅沢に、広い部屋を使っての展示。

2階のISBAスペース24では、狩野仁美さんの砂のインスタレーションによる「SOTO SUNA 展」

狩野さんの作品は、作為的に”コントロール不可能な自然”を創り出すという感じで、コンセプチュアルなだけでなく、自然への畏敬の念も感じられ、素敵でした。ファイルも見せてもらったけど、どの作品も興味をそそります。これからも見続けたい同世代のアーティストのひとりです。良い出会いでした。

そして、図書館では「外の外」展。遊工房アートスペースのコーディネートに寄る、アーティスト4人(井澤由花子、新藤杏子、長坂絵夢、吉川菜津乃)の展示。

図書館の中で海外のアーティストの展示やってるなんて、斬新!

展覧会初日、2日の日にはオープニングパーティーがありました。私達とこのプロジェクトの関係者、そして、この学校の先生や生徒達が大勢あつまり、交流します。

 

ここで、心理学の先生というまさにメンタリストな紳士につかまり、他の日本人のアーティスト達は現地のパフォーマンスをやっている学生とアトリエに行ったりしていたようですが、完全に身動きとれず、その後みんなとはぐれて校内をひとりさまよいました。(苦笑)でも、心理学の先生とのお話も楽しかった。始めは展示されている映像作品の話をしていたのだけど、私みたいにまだ英語が流暢じゃない方が、心を読みやすいという所からアイコンタクトは世界共通言語という話しに。パフォーマンスアートも世界共通言語だよ、文化的背景は違えど、ひとつのアクションの中に、言語を越えたメッセージが溢れでている。

その後、レジデンス棟の方で、ディナーパーティー。私達外国人とレジデンスしているアーティスト達と、この企画のコアメンバー?そして、学生達もチラホラ?? 時間がたつにつれて、だんだん人が増えて来る。なんか自由だなぁ。

黄色のテーブルクロスに青い器って、もう、それだけで華やか!パン、チーズ、じゃがいも、サラミ、ワイン、が定番な組み合わせみたい。そして、食後には必ず、コーヒーとデザート!

毎回毎回、どの会場でも人数分より多めに用意されたスウィーツに感動。
まさに、パンが無ければケーキを食べればいいんじゃない?の日々を17日間過ごしてしまった!

カテゴリー: フランスレポート, 犬飼美也妃 | コメントはまだありません

フランスレポートその2〜ISBAの紹介〜

5月 17th, 2013

ついた翌日、現地のディレクターであるJulien Cadoret (ジュリアン・カドレ)さんが、学校 ISBA (Institut Superieur des Beaux-Arts)の案内をしてくれました。

総合大学のようで、敷地内には、サイエンス、アート、ファクトリーの3つのコースがあります。
そのアートコースをISBAと呼ぶようです。
その校舎の一部に、私達のような外国人がレジデンスする施設があります。

ここの大学は、3年生の時に外国へレジデンスに行くというプログラムがマストであるそうで、大学側でも斡旋するし、自分で見つけてきても良いそうです。なんて国際的な学校なんだ!と感動したけど、電車で国境を越えられるヨーロッパにしてみると、島国の日本より、海外が身近なんだろうなぁとも思ったり。
日本の国際感覚の乏しさは地理的条件によるものなのかしら。

それもあって、大学の内部にレジデンス施設を合わせ持っているのでしょうか。

私達はここの大学のレジデンス制度で来たわけではなく、共催の外部アートプロジェクトできているので、レジデンス棟ではありませんが、大学の支援をうけ、大学寮を貸していただきました。キッチン等は、レジデンス棟を自由に使って良いということで、レジデンスしていたみなさんと、何度か一緒に、ご飯作って食べたりしました。(私は食べる専門だったけど)


アートコースの校舎。模型でみるとちょっと武蔵美の4号館エリアに似ている(笑)。
コルビジェの教え子が設計した建物らしいです。

どこの国へ行っても、美大の中は、なんとなく同じ。懐かしい感じがする。

壁に素敵なドローイングが!所々、日本の美大にはない、自由さや、オシャレさが見え隠れしている。

こちらは図書館。

滞在中、ここの生徒達との交流は自由。図書館等への出入りも自由。とのこと。
大学生ライフ満喫。

建物の外へ出ても素敵です。ISBAから私が滞在していた大学の寮まで徒歩15分くらい。大学のキャンパスをのんびり歩いて行くのですが、校舎の絵がどれも素敵。この辺りは、おそらくサイエンスコースのエリアだと思う。

今更ながら、留学したくなっちゃいます。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントはまだありません

フランスレポート〜SOTO パフォーマンスツアー〜その1

5月 16th, 2013

私、犬飼美也妃は、4月1日から16日まで、群馬日仏協会のFrederic Weigel(フレデリック・ウィジェル)さんが企画した、アートプロジェクトSOTOに、パフォーマンスアーティストとして参加して来ました。

そのレポートを少しずつアップして行こうと思います。

「アート・プロジェクトSOTO」とは、ブザンソン美術大学(ISBA)をメイン会場として,フランス各地で,日本における現代アートの一側面を紹介するアート・プロジェクトです。11人の日本人若手作家を紹介。うち4人をフラ
ンスに招いて行われます。ISBAと群馬日仏協会の共催で,在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本の後援と,フランス・日本における様々な美術団体の協力を受けて開催されます。このプロジェクトは,「外」というコンセプトをめぐる4つの企画―3つの展覧会とパフォーマンス・ツ
アーにより構成されています。(invitationのドキュメントより引用)

招待していただいて、光栄です。ありがとうございます。
映像作品の展示とパフォーマンスをしながら、6つの地域のアートコミュニティーに出会う素敵な旅でした。

まず、始めの11日間は、フランスのフランシュ・コンテ地方、スイスに近いBesancon(ブザンソン) にあるISBA ( Institut Superieur des Beaux-Arts )という美術大学の寮に滞在しました。

その名も”スタンダール”

ブザンソンは、スタンダールの小説「赤と黒」に縁のある土地です。
中に入るとスタンダールの肖像が!

 

気候は、日本に比べて若干肌寒いくらい。雑草を見ると、ほぼ日本の春と同じ。でも、先に来ていた人達に聞くと、数日前には雪が降ったそうです。

日本と同じく、寮の近くの桜のような木が、ほころび始めています。

これが、滞在している11日間のうちに、どんどん満開になって行くのがとても綺麗でした。

4月1日から、時計はサマータイムに。びっくりしたのは、夜9時くらいまで明るい!そして、暗くなると一気に冷え込みます。

真冬用のダウンジャケットを持って行ったのは、やり過ぎか?と思いきや、とても役に立ちました。ダウン着てても寒い日もあったし。

大学の寮に猫って、なんかイメージ通り過ぎる。
毎日癒されてました。勝手にスタンダールと命名。

ブザンソンではスケジュールにゆとりがあったので、とてものんびりと、つかの間の、大学生生活を楽しめました。

次は大学の紹介

カテゴリー: フランスレポート, 犬飼美也妃 | コメントはまだありません